赤ちゃんスキンケア(子供の乾燥肌対策)

赤ちゃんのスキンケアはとても大切です、しっかりと赤ちゃんのうちから保湿のスキンケアや日焼け止め対策をすることで肌が将来トラブルを起こす可能性が低くなるからです。

赤ちゃんの今のうちからスキンケアをしっかりとしていきましょう!!。

わたしが赤ちゃんのスキンケアとして、自分の子供のおこなったスキンケアは下記のものになります。よかったら参考にしてくださいね。

お風呂上りに保湿スキンケア

乾燥肌がひどい赤ちゃんで4か月検診で乾燥肌と診断され病院へ行くように指導されました。最初は病院のステロイド軟膏を塗り、よくなったところで毎日お風呂上りに、赤ちゃんに保湿スキンケアとしてクリームを塗りました。3歳になった今も続けています。

肌にやさしいシャンプーや無添加せっけんを使用

ふつうのシャンプーだとフケが出たり、市販のボディソープだと肌荒れや乾燥肌になりがちでした。すこし高価だけど安心して赤ちゃんを洗ってあげたかったので質のいい肌にやさしいシャンプーや無添加せっけんを使用しました。



紫外線対策としてオーガニックの幼児日焼け止めを使用

海外の学校では幼児や子供の日焼け止めは義務というか推奨されている国もあります。それくらい紫外線は小さい子供に対しては良くない影響があるのですね。つけるかつけないか迷ったのは最初だけでした。オーガニックのローションタイプの日焼け止めなので扱いやすいですし、さっぱりとつけることができて気持ちがいいですよ。ママのわたしも一緒に使っています。

オーガニック製品の肌着やタオルを使用

赤ちゃんのうちは(今もですが)オーガニック製品の肌着やタオルを多く揃えました。
肌触りがふわっとしているため、オーガニックのタオルや肌着は新生児の赤ちゃんのデリケートな肌におすすめです。

実際に自分が着てみると分かりますが、オーガニック製品の服や肌着は着心地も肌触りもいいので気持ちがいいのです。肌にも優しいので新生児の赤ちゃんの肌着やタオルはオーガニックで揃えるといいですよ。

オーガニックタオルは今治タオルのものを使いました。

新生児の赤ちゃん肌着やベビー服もオーガニックで揃えました。

わたし自身も授乳服はオーガニックのものを買いました(赤ちゃんの肌に触れてもやさしため)。

赤ちゃんの洗濯も肌にやさしい洗剤と柔軟剤を使用

せっかくオーガニック製品の新生児用肌着などを購入しても、洗濯する洗剤や柔軟剤が化学成分たっぷりのものではせっかくのオーガニック製品も台無しです。

わたしは子供が新生児から2歳になるくらいまでは、ずっと肌にやさしい洗剤と柔軟剤を購入して使っていました。すこし高いですが安心感がちがいます。

とくに新生児から赤ちゃんのうちは肌がデリケートです。オーガニックの新生児用肌着だけではなく洗剤や柔軟剤も無添加のものにするとより安心ですよ。

赤ちゃんのうちから肌をしっかりと保湿すると安心です

乾燥肌が原因となりアトピーとなることも多いので、赤ちゃんのうちからスキンケアで保湿をしっかりと行うと安心です。

アトピーというとアレルギーというイメージもあるかもしれませんが、そんなこともなく、単純に乾燥肌が原因でアトピーとなることも多いです。乾燥のカサカサから痒みも出てきますしね。

アトピーにできるだけならないようにするためにも、乾燥肌の保湿スキンケアは大切だということです。

近頃では無添加の乾燥肌の保湿スキンケアの美容液や、クリームなども種類が増えてきています。赤ちゃんのいるご家庭では、子供も大人も同じもので保湿スキンケアができるので簡単でいいですよ。

わたしの子供が赤ちゃんのときに使った保湿スキンケアクリームなども紹介しておきます。

赤ちゃんスキンケアはコレ!

ドルチボーレ ミルキーベビーローション(保湿クリーム)

アロベビー 国産オーガニックベビーローション(保湿ローション)

完全無添加美容液の潤静は外的刺激から肌を守りバリア機能を整えます(美容液高保湿ローション)

赤ちゃんの乾燥肌対策に!ぬくもり泡シャンプー(低刺激シャンプー)

【99%以上天然由来 紫外線吸収剤・ディート不使用】アロベビー 国産オーガニックUV&虫除けミスト(日焼け止め&虫除け)

授乳服とマタニティウェアの【スウィートマミー】(オーガニック授乳服)

サブコンテンツ

このページの先頭へ