市役所に保育園入園について説明を受ける・0歳保活ブログ②

保活ブログ・0歳児保育園入園準備を開始!生後6か月、という記事のつづきです。

仕事復帰を決めたので、さあ、認可保育園を申し込みましょう。生後6か月だから楽勝ね、みんな1歳になってからの入園だもんね。

認可保育園の申込書さえ出さば生後6か月の0歳児の赤ちゃんならすぐに保育園に入園できるわ!。

こんなことを考えていたんですね、保活の一番はじめのときって、いま考えるとすごいですよね自分、おめでたいやつです。。。

市役所へ認可保育園の申込と説明を聞きにいきました

約束の時間に市役所へいきました、担当の人は女の人ですごく優しそうな人でした。話しやすそうな雰囲気ですこしだけ、ほっとしました。

赤ちゃんも生後6か月の0歳児ということもあり、ミルクさえあげていれば大人しい年齢だったので、ベビーカーに乗せて一緒に行きましたが、ずっとイイコにしていました。

保活ではベビーカーは必須です、電車の人もですし、車の人も市役所の窓口などへ行ったときはベビーカーで寝てくれますし、ニコニコとご機嫌にしていてくれます。

わたしは車に入るタイプのベビーカーを持っていたので、ベビーカーは車に積みっぱなしでした。市役所や保育園の面接などで外出するときは、ベビーカーを利用しました。

赤ちゃんはベビーカーだと大人しく寝てくれる子だったので、とても助かりましたよ車に入るベビーカーの記事はこちら)。

まずは認可保育園の申込書を出すように言われました

市役所の保育園の担当の女性は、うしろのほうから用紙を持ってきて、まずは認可保育園の申込書を出すように言われました。

それは、初めてみる書類だったので、いちおう書き方などを教えてもらいました。

書類をの書き方を教えてもらい、提出については持参しても郵送してもいいとのことだったので、提出方法はあとで決めるとしてとりあえず受け取っておきました(結局は持参しました)。

やっぱり、保活のポイントとしては、認可保育園の申し込みは市役所の窓口に足を運んだ方がいろいろ教えてもらえていいですよ。

ときどき、市役所の窓口に足を運ぶことによって、保育園の入園が有利になるとの保活ブログを見かけますが、ポイント得点制で決定される保育園入園においては、あまり意味がありません。(ポイントについては後で記事にしますね。)

そんなことよりも大事なことは、保育園にかかわる市役所の担当者は地域の情報にも詳しいということです。空きのある無認可保育園のことなども含めてね。

また、公立の認可保育園は教育方針が同じだけど、認可だけど私立保育園のばあいは教育方針が異なります、保育園がどのような特色をもって保育をしているのかなどについても、とても詳しいのです。

この日、わたしが教えてもらったことは、待機児童の人数や、空きのある無認可保育園の情報でした。

わたしの地区の認可保育園の待機児童は40人超!

まず、わたしが市役所の職員の人から受けた説明としては、認可保育園での現在の待機児童は40人超とのことでした。

う~ん、都内じゃないんですけどね、ここ。しかもさ、このあいだ入園式したばっかだよね、もう、待機児童いるんだ。

つまり、認可保育園の待機児童は常にいるんですよね。そんなことすら、市役所の窓口にきて初めて知りました。

要するにね、いまから生後6か月の0歳児の赤ちゃんの保育園入園の申請の書類を出したって、申込の手続きしたって、無理だってことね。認可保育園においてはね。

統計において、待機児童の数を増やすだけで、こちらのメリットって無いんですよ。40人超じゃ無理ですよね!?。ま、いちおう出すことにはしましたけどもね。ホント意味ないんだけどもね。

これが0歳児の保育園入園の現実なんだなぁと、ぼんやりとおもったことを覚えています。

当時のわたしは、1歳児からの保育園入園が困難であっても、あまり預ける人が少ない0歳児の、生後6か月の赤ちゃんの保育園入園であれば、空きがあり即入園できるとおもっていたのです。

ですが、そもそも0歳児の保育園入園は、認可保育園側の受け入れ人数からして少ないのです。たとえば1歳児が10人の受け入れ人数であるとしたら、0歳児は6人程度の人数の枠になっていました(うちの地域ではね)。

そのようなことから0歳児の入園は空きがない状況でもありました。とにもかくにも認可保育園の待機児童は全年齢の合計で40人超です。うちの子供も書類を出すと、その中に含まれることとなりました。

ちなみにうちの地域に限ったことではないとおもいますが、保育園入園の申込書類は、秋~冬にかけて、もういちど、来季の認可保育園に入園のための申請の書類を出す必要があります。

つまりね、認可保育園を落ちたばあいは、毎年まいとし認可保育園の入園のための書類を出し続けることになるんですよ。めんどくさいw、マジで?ってかんじですよね。

市役所の担当の人に無認可保育園に行くように言われる

マジで?、とかね、おもっているばあいでもないんですよね、わたし。上の方にも書きましたけど仕事に戻ることが決まっていたので、何とかしないといけません。

「仕事にすぐに戻らないといけないんです」と、説明したところ、無認可保育園の空き情報とチラシをもらいました。

このチラシって、たぶん、窓口で相談した人しかもらえないし、本当に困っている人に渡しているようでした。

市役所の担当の人が言うには、この無認可保育園ではちょうどいま空きがあるとの連絡があったばかりなので、いま行けば入れるとおもうとのことでした。

金額的には認可保育園よりも高いけれども、空きがあるので行くようと、市役所の担当者から言われました。

その日のうちに、紹介された無認可保育園に連絡をして、その週のうちに面接に行くことになりました。面接をしてくれるということは、入園できるのかな?、と考えていました。

ですが、現実はそれほど甘くはなかったんですね。

続きはコチラ

保活ブログ0歳・電話で予約して無認可保育園の面接へ行く③

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ