かわいそう?0歳の赤ちゃんから子供を保育園へ預ける迷い

仕事に復帰をするときに、子供を保育園にあずけることをかわいそうと思ったり、0歳の赤ちゃんのうちから子供を保育園に預けるのはかわいそうに感じてしまう保護者の方はママでもパパでも少なくないとおもいます。

だけど、本当にそれってかわいそうなコトなのでしょうか!?、0歳の赤ちゃんの頃から子供を保育園に預けることで逆に良いこともあることを最近になり知ったのでご紹介します。

わたしも、0歳の赤ちゃんのうちから子供を保育園に預けるのはかわいそうと感じていました。

ところが、保育園の先生からは「預けるのであれば早い方が良いんです」、と言われて逆に心が決まりました。

そこまではっきりと言って下さった保育園の先生の力強さに自信を感じて、安心して0歳の赤ちゃんだった子供を預けることができました。

保育園の先生から言われなくても、仕事をするので預けることになることに変わりはないのですが、自分の気持ちがはっきりと決まって信頼して保育園に0歳の赤ちゃんを預けることができました。(そのときの記事です>>保活0歳・6か月の赤ちゃん面接合格は無認可保育園から・ブログ④)

コミュニケーション能力や、言語、適応性は、集団生活の中で身に付いていきます。

ご近所に言葉の発達がゆっくりな子供がいるのですが、市からのすすめで療育へ通うことになりました。療育の場所では同じように発達がすこしゆっくりな子供が保護者と多く通っています。

そのような集団の中ですごす生活の中では、コミュニケーション能力や言語、集団の中で過ごすことの適応性が育っていくそうなんです。

それが本当であれば(本当だから行政で推奨しているのですが)、発達がゆっくりな子供の限らず、多くの子供が赤ちゃんのうちから集団の中で過ごす時間を持つことは望ましいということになります。

ですが、実際に集団で過ごす赤ちゃんというのは、親が仕事で育児ができないで保育園へ預ける場合に限ったことになります。

仕事をしていないママの場合は、自分で赤ちゃんをみますが集団で過ごすということがほとんど無いのではないでしょうか?。サークルなどに入っても子供と親が一緒ですし、人数も保育園ほど多くありません。

行政の療育の場所ではそこそこ大勢の人が集まるようで、子供の成長を促すのにうってつけの場所のようですが、ふつうに成長をしている子供は受け入れてもらえません。なんだか矛盾を感じますよね。

ふつうの基準で成長している子供も受け入れて一緒に遊んだほうが、成長がゆっくりな子供にとっても標準の成長速度の子供にとっても、どちらにもいい影響があるのに、実際にはそうではないのです。

先日に偶然に目にして読んだhanakoママwebには、「アメリカで実施された有名な実験によれば、良質な保育園へ通うことができた子どもたちは、その後の人生で「成功」する確率が高くなることがわかった」、とも書かれてありました。

あと、うちの子供は1歳からこどもちゃれんじを買っています。1歳からの知育玩具としても、こどもちゃれんじはオススメです(ちなみに、こどもちゃれんじの入会は年会費がお得ですよ。)

こどもちゃれんじの次に英語教室へ通うことも考えたのですが、まだ1歳で風邪をひいて熱を出すことも多く、習い事が難しいと判断したわたしは英語教室を断念しました。

その代わり、英語教室へ通うのと同じくらい効果があるとおもい、英語のこどもちゃれんを購入することにしましたがコレは結果としてよかったです。子供も自分から英語にも興味を持つようになりました。

1歳の英語教室はこどもちゃれんじイングリッシュがおすすめですよ、

ところが、3歳を過ぎてくると状況が変わってきます。風邪をひくことも少なくなり、それに伴う発熱もグッと減ってきました。

そろそろ英語教室へ通う頃かな?、とおもったわたしは、少し前に子供と英語教室の体験へ行ってきました、Peppy Kids Club (ペッピーキッズクラブ)口コミです。

そこでの子供はとても楽しそうで、実際に自分でも楽しかったので習いたいと希望しました。

わたしは英語を習うことはいいのですが、子供が嫌がらずに通うかどうかの方が心配でした。その心配を講師の先生へ伝えると、子供が何歳から保育園へ行っているのか?と、質問をされました。

0歳から保育園へ通っていたことを伝えると、講師の先生は「0歳から通っている子供なら大丈夫です」と言ってくれました。

どうやら、やっぱり0歳から集団生活を保育園で行っていることで適応性が身につき、習い事などの場でも問題がないということを話してくれました。

これらのことから考えると、0歳の赤ちゃんから子供を保育園へ預けることをかわいそうと考えたり、迷ったりする必要は全くないということになります。

ただ、0歳の赤ちゃんを保育園へ預けるのであれば、土日や朝と夜のスキンシップや一緒に過ごす時間に愛情をかけた育児をする必要性はあるかなとはおもいますけどね。

だとしたら、やっぱり、行政の療育の場も一般の子供も一緒に遊ぶ時間などを設けるといいのかなっておもいます。そうすることで専業主婦の子供たちも集団で過ごす時間が増えますしね。

やっぱり、専業主婦で育児だけしていると、どうしても子供と一緒に集団で過ごす時間を持つことって難しいです。

近所の親子と密に過ごすと、逆にそれがママ友トラブルの原因になる可能性もあります。

わたしとしては行政の療育の場を一般の親子にも開放して、療育に来ている子供と一緒に遊びましょうday的にすると多くの子供のためになるような気がします。

子供を0歳の赤ちゃんから保育園へ預けることって、意外とメリットが多いという記事でした。

そして、1歳頃までは通信講座がおすすめです。2歳を過ぎた3歳頃からは、外で保育園以外の人との接触にも慣れさせたいし、子供の興味も外部へ向くようにもなってくるので習い事もいいですよっていうオハナシでした。

うちの子供が通うことになった子供の英語教室はこちらです>>ペッピーキッズクラブ

広告


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ