認可保育園に入りやすい学区は?ワースト駅がわかります

本 マンションは学区で選びなさい

今更なんですが、認可保育園に入るための保活では、住んでいる地域がとても大切で重要なんだな~と、おもうようになりました。

というのも、上の画像の本をを読んだこともあるのですが、わたし自身も思い当たることがありました。

※楽天ブックスはこちら>>マンションは学区で選びなさい (小学館新書) [ 沖 有人 ]

わたし自身が幼少期に東京駅から1時間以内のところに住んでいて、今から40年近く前に幼稚園で英語の授業が取り入れられていた地域に住んでいました。

ですので、認可保育園に入りやすい学区があるということや、逆に認可保育園に入りにくいワースト駅があるということなどもすごく理解できたし、学区と子供の教育にについて関連性も理解できました。

今までぼんやりと考えたいたことが、はっきりと専門家によって活字にされたことで、自分の中のモヤモヤもすっきりとしましたし、明確に理解が深まりました。

ちなみに、認可保育園に入りやすい地区はどこかといいますと。

認可保育園に入りやすい地区はどこ?

保活をされている東京都内の人の多くは認可保育園に入りやすい地区はどこ?、ということを常に考えているかとおもいます。(うちは田舎なので無認可に入れて待てば何とかなりましたが。)

この本を書いた作者は不動産やマンションや住まいについての専門家で、人口がこれから減少していくうえでどこにどのような物件を購入すればいいかなどについて、とても詳しいです。本と同じような情報がぎゅっと詰まっているサイトを運営されています。

保育園に入りにくいワースト駅のランキングベスト15なども書かれてあるので、保育園に入園したい都内の人や、都内以外でも保活中の首都圏の人にとっては参考になりますよね。

保育園に入りやすい学区はどこか?という疑問を解決すべく、認可保育園に入りにくいワースト駅がわかります。認可保育園に入りやすい地区=認可保育園に入りにくい駅以外の地区、これが正解です。

興味のある方は本を購入するといいかも。

※アマゾンで買えます>>マンションは学区で選びなさい

保活を終えてわたしが感じていること

さいごに保活を終えたわたしが今になって感じていることは、何かというと。

やっぱり人口の減少の傾向と、子供の行動範囲を親のせいで狭めてはいけないな、ということでした。

わたしが住んでいる地域は東京よりも人口が少ないうえ、田舎のため専業主婦のママも大勢いる地域です。

無認可保育園に0歳児から入園させたこともあり、1歳児からはあっさりと認可保育園に入園することができました。

そのような地域では持ち家は一戸建てこそが資産価値がありステータスですし、子供の習い事や教育よりも、田舎の一流企業(田舎が本社の店頭公開の会社とか)で働く両親の方が家庭では優先されます。

わたしたち夫婦は所得も所属している会社もたいしたことないですが、やっぱり、子供の行動範囲をその親が原因で狭めてしまいたくないな~、と考えるようになりました

そんなわけで、とりあえず、しまじろうのこどもちゃれんじを1歳から、英語を2歳から行っています。

1歳からの知育玩具は子供が大好きなしまじろうがおすすめですよ、2歳からの英語教材ならしまじろうですね、DVDで英会話を幼児から簡単に習うことができます(別ブログの記事です)。

2歳になる少し前からはじめたですが、すぐに簡単な英語なら単語で話すようになりました。

ベネッセのこどもチャレンジ英語をやって、2歳0か月~1か月で英語の言葉を単語で話すようになりました(別具ログの記事です)。

ですが、こんど3歳になるので、そろそろ英語はお教室へ通うことも必要かなと考えています。

また、別の習い事も検討中ですが、本人の興味とやる気もあるので、見学や体験などを一緒にしつつ様子を見ながら子供の世界を広くしていきたいとおもっています。

認可保育園に入りやすい地区から見えてくるもの

認可保育園に入りやすい地区から見えてくるものもあります。

単純には共働きが少ない地区、認可保育園が多い地区、同居世帯が多い地区、などが浮かんできます。

保活といっても、そこから何かを得ることも多いです。

どのような地区で子育てをしたいか、認可保育園に入りやすい地区(=認可保育園に入りにくい駅)、学区と年収の関係、習い事はどうするか?、などなど。

保活、習い事、学習、受験、どの学区に住めばいいのかなども今のうちから考えておくのも親の責任なのかな~と、最近はおもうようになったわたしです。

認可保育園では待機児童が田舎でもいます、東京都内であれば激戦でたいへんではありますが、この機会に教育と暮らしや住まいについて考えておくと、受験もスムーズに進むとおもいます。

今はネットで情報が得られるし、サイトでも有益な情報が得られるので便利だな~と、本を読みながら保活を終えたわたしは、しみじみとおもいました。

サイトでは学区ごとの年収の高いランキングもあったりします・・・(苦笑)

とりあえず我が家ではこどもの教育をはじめてみることにしました、1歳すぎからこどもちゃれんじをとってますw

入会は年払いだとお得ですよ^^

※公式サイト>>しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>

広告


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ