買ってよかったベビーカーはアップリカの車に入るタイプ!

アップリカスティック 画像

わがやはあまり広い家ではないため玄関も狭いです、靴などもおいてあるので、ベビーカーを買うときに、どこへ置くか?、ということ最初に考えました。

ベビーカーの置き場所というと、家の玄関、ベランダなどがおもいつきますが、車も便利でいいですよ。

とくに、自家用車が交通手段の人のばあいは、車に入るタイプのベビーカーは管理が簡単でおすすめです

外出先で赤ちゃんのベビーカーがあれば楽ですし、風邪などをベビーカー経由で感染することもなく、安心ですしね。

デパートなどでは10万円前後の価格の高いベビーカーもありますが、車で外出する人におすすめなのがスティックのベビーカーです。

わたしが買ってよかったベビーカーは車に入るタイプ!

こちらはうちの軽自動車なんですが、こんなかんじに車に入るベビーカーなんので、簡単便利に使っています。

出産後すぐに買ってよかったものは、アップリカのベビーカーのスティックです。車に入るタイプのベビーカーだったこともあり、置き場所は常に車の中でした。

ベランダに置いたら、カバーをかけないと錆びますし、玄関だとはっきり言ってじゃまです。車の中における、車に入るベビーカーならアップリカのスティックがいいですよ!。

車に入る折り畳み式のベビーカーにもかかわらず、作りがしっかりとしているところが好きです。置き場所に困らないということは、購入後の管理も簡単ということです。

アップリカのスティックはタイプ(種類)がいくつかありますが、おそらくどれも特徴は同じかとおもいますが、購入時にはサイトで特徴をもういちど確認されてくださいね。

新しいうちは少し畳むのは固さを感じますが、慣れれば簡単に折りたたんだり、出したりできますよ。

ベビーカーで有名なアップリカとはどんな会社?

アップリカとは?

●1947年 創業の日本の企業(本社大阪)
●1953年 ベビーカーのシートに風が通る構造を開発し特許を取得
●1975年 携帯にも便利なコンパクトに折りたためる”アップリカー”発売開始
●1993年 百貨店・有名専門店に”Aprica UN”シリーズの展開を開始

引用元:アップリカ会社概要

※海外ブランドのイメージがあるアップリカでしたが、国内メーカーでした!(調べてみるもんですね)

アップリカのスティックはどんなベビーカーなの?・口コミ

車に入るベビーカー 画像

アップリカのスティックの特長

  • 折りたたみ式のベビーカーなので置き場所に困りません(じゃまになりません)
  • 車のトランクや助手席などにも簡単に入ります(便利です)
  • 車に入るベビーカーなので外出先でも便利です(ベビーカー経由で風邪をひきません)
  • 値段が安いベビーカーなのに作りはしっかりしています
  • クッションの厚みや夏の日よけや風通しなどの機能もあります

※ ほぼ毎年モデルチェンジをしているので、旧型は安いし完売も早いです。ですので、気に入ったタイプのものがあったときは購入はお早めにどうぞ。

つぎに、アップリカのベビーカー、スティックの機能を1個づつ見ていきたいとおもいます。

アップリカのスティックは充実の機能でおすすめのベビーカー

買ってよかった ベビーカー

こちらがアップリカのベビーカー、スティックの屋根になるのですが、こちらも畳めたりのばしたりできます。夏などは風とおしが良くなる機能も工夫されているんですよ。

夏もオススメ 風通しのいい ベビーカー

このように、ベビーカーの屋根の上の部分は、穴があいています。暑い日はココの部分を1枚めくってあげることで、風とおしも良くなります。

赤ちゃんの頭の上に風がとおるようになっています、1枚めくって風を通しても、メッシュなので日よけにもなるので安心ですよ。わたしもこの機能はよく使いましたね。

これ、アップリカの会社について調べて、こんかい初めて知ったのですが、昔アップリカで特許を取得したものだったんですねさすがは、老舗のベビー用品の会社だなぁ~って、改めておもいました。

安いベビーカー しっかりとした車輪

アップリカのスティックは価格の安いベビーカーの部類になりますが、タイヤなどもこのようにしっかりとした太さとつくりなので安心して赤ちゃんを乗せることができます。

ちなみに、タイヤの部分はロックが手動でかかります。うちではベランダのところに置いてロックして、赤ちゃんをのせてお昼寝させたりしたこともありました。

アップリカのベビーカー 画像

折りたたみ式のベビーカーなので、華奢なイメージがあったのですが、クッションもふわっと厚みがあります。これは使用していても、潰れてくることはなかったです。

安全ベルトの部分は長さをこのように調節できます、成長に応じて直してあげましょう。ちょっと見えにくいかもしれませんが、PRESSという緑の刺繍の部分があります。そこにベルトの金具を止めてセットするようになっています。

折りたたみと同じで、慣れないと、シートベルト1つセットするのも面倒に感じますが、すぐに慣れますので大丈夫ですよ。

スティックベビーカー 画像

ベビーカーの下の部分には、すこしだけ荷物を積めるスペースがあります。すこし肌寒いときはバスタオルを積んだり、コンビニにベビーカーで赤ちゃんと散歩がてら外出したときは、買ったお菓子などを積んだりもしました。

あるとないとでは大違いの荷物置き場のスペースは、やっぱりベビーカーには必須ですね。

アップリカのベビーカー・スティックを買ってよかったこと

アップリカのベビーカー・スティックでよかった点

●価格が3万円前後とベビーカーの中ではお手頃で安いほうでした

●車(軽自動車)にも入るので外出先でとても便利でした

保育園の見学・市役所への手続きにもベビーカーを利用しました(とても便利です)

●タイヤのロックをして自宅のベランダでお昼寝もさせました

うちでは故障や不具合は一切ありませんでした。やっぱりベビーカーはアップリカのものが安心だなぁ~と、ひとり改めておもいました。

アップリカのベビーカーはスティックよりも、お値段が張るものも多いです。たとえば、10万円前後のものなんかは、百貨店などの大型デパートやテナントで見受けれます。

もともと小回りの利く、車に入る折り畳み式のベビーカーが欲しかったので、買って失敗した点はありませんでした。メーカーをアップリカというベビーカーの老舗に決めた点もポイントだったとおもいます。

逆に、市民センターで知り合ったママ友で、デパートで大きな10万円近い高額なベビーカーを買ったけど、ほとんど使っていないという人もいました。

※ベビーカーは、何に使うのかを決めてから買わないといけないベビー用品の1つでもあります。

なぜわたしが折り畳み式のベビーカーを買うことにしたのか?

マタニティ中は、仕事の帰りにデパートを見て、10万円前後のものをベビーカーを購入するか迷ったものです。

いざ、出産してみると。手ごろな使いやすいベビーカーが一番いいなって思うようになり、車につめるタイプのベビーカーを探すようになりました。

スティックの口コミを見て、わたしの購入の決め手となったのは、”コンパクトで使いやすい”という口コミでした。次は、お値段が手ごろという口コミです。スティックは3万円前後の価格なので、お値段がお手頃なんですよね。

雨の日や炎天下の日・保育園の送迎も簡単です

保育園の送迎も折り畳み式ベビーカーで簡単に!

仕事をするようになってからは、無認可保育園にあずけるようになりました。

無認可保育園は駐車場から、教室のある建物まですこし距離がありました。月曜日にお布団などを持って行くとなると一人では赤ちゃんを抱えてだと、もう無理なんです。

そんな日は、ベビーカーを車から出して赤ちゃんをのせて、自分の肩にお布団を下げて保育園の教室まで行きます。

雨の日の外出は折り畳み式のベビーカーが便利!

雨の日の外出にも助かりました、雨の日は立体駐車場から直接に店内に入れる大型店に買い物がてらお散歩に行くこともありました。

わがやは駐車場が目の前なので、車にベビーカーを積んでおいて、立体駐車場で赤ちゃんを乗せてそのまま店内に入れば、赤ちゃんは全く雨に濡れることはありませんでした。

炎天下の日は外出先で折り畳み式ベビーカーが活躍!

夏の太陽ギラギラの炎天下の日も、日差しをまったくあびずに、店内に入れます。

雨の日とは違い濡れることはないのですが、駐車場から店内まで距離のあるお店だと抱っこも大変ですし、日差しを直接あびてしまうので、そのようなときは車からベビーカーを出していました。

ベビーカーのおすすめは折り畳み式!どこで買う?

アップリカのスティックのベビーカーは、購入してから5回くらいまでは、折り畳みが固くややきつく感じられましたが、その後は全くそのようなこともなく、らくに畳めるようになりました。

※車での外出を考えられている人にとっては、ベビーカーは折り畳み式が便利です。

※ベビーカーの置き場所がないばあい(アパートや玄関が狭い家など)も、スティックのベビーカーだと簡単に置き場所が見つかるのでいいですよ。立てかけておけるベビーカーは、やや大きめの傘くらいの感覚です。

わたしはこちらで安く買いました。スティック以外のベビーカーの口コミも多く参考になりますよ。

NetBabyWorld(ネットベビー)

combiminiではベビーラックを購入しましたがベビーカーも良さそうでしたよ^^

「赤ちゃんの快適さ」へのこだわり【コンビミニ】

広告

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ